会社で健康相談!

会社で何を話してもその人の自由。実は会社も個人の情報を、勤務状況把握の為、知りたいのです。

でも、個人情報ですのでコスト、制約や手間ががかかります。50人以上の事業所では健康診断やストレスチェックが労働基準局に会社に報告義務があったりします。

しかし、今の時代 、労働基準局に報告義務があろうとなかろうと、そんなことには関係なく、企業側は働きやすい職場提供を考えています。個人情報保護法を守っていくのは当たり前と株式会社アンサーでは考えています。

誰でも、死、健康やキャリアに興味はあり、そのことで相談に乗ってもらいたいと思ってます。

株式会社アンサーでは50人以上の事業所の為の、健務サービス、50人未満の事業所サービスと廉価で相談業務を提供しています。その道のプロにお任せください。 会社で相談をとなったら、まずは株式会社アンサーにお声がけください。

なぜ創めたのか

どうして、この分野を行っているのか?

この分野、心の底から面白いと思っています。だって、整備されていませんし、ミスマッチが非常に多いけど、参入者は資格を持った人ばかり。企業にとって大事なことは何かって視点で考えると、既存のサービスでは法律ばかり見ていて不十分と思えます。企業にとっても従業員にとっても大事で求められること、そんなサービスを広げていきたいと株式会社アンサーでは考えています。病院では放射線技師や臨床心理士等多くの人が係わっているのように、企業向け産業保健もチームでサービス提供できれば良いなって 株式会社アンサーでは思っています。

私の場合

以前は大企業で常勤の保健師として働いていましたが、「従業員の話を聞いてやってほしい」と言われ、正直軽い気持ちから 株式会社アンサーでスタートしました。しかし、産業医とはほぼ会えない状況であること、人事担当者は保健師の活動を知らないこと等、時間が限定だからこそ、活動も凝縮せざるをえません。企業ごとに活動の優先順位を決め、産業医や会社側とも相談し、協会健保等とも連携して、従業員がより健康で仕事ができるため 株式会社アンサーでは支援をしています。健康診断の結果が改善あるいは、何とか横ばいになった時は嬉しいですし、「面談で話を聴いてもらえて整理できました」「また、ちょっと頑張ってみます」と言ってくださる言葉や従業員の方の笑顔が私の活動の源であり、成長させて頂いてます。

事業概要

株式会社アンサーでは産業保健活動を中心に、医療職ならではのノウハウを企業に提供しています。例えば、何かと健康面で問題がある人との面談を行ったり、企業の人事担当者との相談にタイムリーにのって、医療知識の少ない企業の人に 株式会社アンサーは頼りにされています。

他社と違うところ

株式会社アンサーでは保健師が中小企業の為の産業保健活動を行います。特に、時間もマンパワーも限られている中小企業では、一人で広い仕事をしなければならず個別の業務が個人に偏ってしまいがちです。その企業には稀なことでも、 専門分野をスピーディーかつ確実に 株式会社アンサーでは処理します。

訪問健康管理(健務サービス)

株式会社アンサーの訪問健康管理である「健務サービス」は原則1月に1回訪問する定期サービス。社員の健康上の悩みや、相談事をお伺いします。
社員全体のことを考える人事総務労務の人か、実際の相談者に遠慮があるのか、それとも相談のテクニックが不足しているのか時間が経ってしまいます。それで再度ってことになりがちと株式会社アンサーでは考えています。

最近は様々なご事情から人を常駐させられないし、自社で教育はできない!そんな組織が圧倒的に多いと考えています。 株式会社アンサーの医療職はその点、複数の企業での実績がありますのでご安心いただけます。

多岐にわたる業務をこなしている人事総務部門の人は詳しくは人の事情に立ち入れません。ましてやメンタルを不調者を出したら、そのロスたるや大変なことです。最近では、いかに障害者を採用し活用するかという相談も多くなっています。

少子化で採用が思うように行っていないので「今いる社員で何とかする。」という企業が増えていると株式会社アンサーでは考えています。従業員満足度を上げるって一言で言いますが、中身である、健康、安全、衛生面を充実させるって、売上に直結していない分苦労します。
株式会社アンサー の「健務サービス」で面談は、従業員の満足度を上げるには特に有効です。何より、医療の専門的なことは医療職に任せられますので安心です。

従業員50人未満サービス

従業員50人未満だから産業医は必要ないんだけど、従業員の健康が心配・・・。こんな声を株式会社アンサーではよく耳にします。しょっちゅう来てまでのサービスは必要ない、産業保健分野で1時間をめどに 訪問させていただきます。 株式会社アンサーのサービスは、医療職である保健師が行いますので、うまくいけば助成が出ます。 助成金については詳しい社会保険労務士等、サービスについては当社にお尋ねください。

ご相談はアンサーへ