ペットの病気

皆さんはペットを飼っていますか?ペットフード協会の調査では、犬や猫の飼育自体は少子高齢化の影響で減り続けているそうです。その中で猫の飼育数が犬と比べて2017年に初めて上回ったとありました。猫は手がかからないので選ぶ人が増えているようです。

昔は、犬や猫も外で飼うのが当たり前でしたが、今は飼育は室内が主流になっています。猫の平均寿命は、「家の外に出る猫」が13.83歳に対して、「家の外に出ない猫」は16.25歳と大きな差があるようです。飼っているものもさまざまで犬や猫だけでなく、鳥やモルモット、爬虫類、中には豚もいたりします。1か月当たりの犬や猫に関する支出額も1万円近くになっているそうです。ペットを飼うことは、色々な研究で物理的に散歩などで運動量がアップしたり、精神的な安定をもたらしてくれたり、社交性が上がる等、効果はたくさんあると言われています。

ペットは大切な存在になっていますが、色々な病気等がうつりやすい環境もあるわけです。家族同然のペットとは、口移しや、同じお箸で食べ物を食べたりする光景も見たりしますが、日本でもオウム病に感染した妊婦さんが2名亡くなられたという報道もありました。ペットを飼うには、感染症の知識や対応の仕方等を知っておく事は必要です。例えば、猫に引っかかれたらすぐに患部を洗って消毒しておく、日頃から猫や犬の爪は短く切っておく等の予防も大切です。鳥などを飼う時は、ケージ内は常に清潔にし、鳥の世話をしたら手洗いやうがいをする、ケージは台所や寝室から離れた場所に置くなども必要です。爬虫類を触った後は必ず手を洗い、水槽はキッチンでは洗わないことだそうです。

「ペットは恋人でなく、友人」くらいの接し方がよいと言っている獣医の方もいます。私の周りは皆さん「家族同然」と言われたりしていますが、ペットのがんや生活習慣病、高齢化も問題になってきています。個人的には、飼い主にペットの表情や性格も似てくるように思ったりしますが、飼い主の生活習慣はペットの健康に影響してくるそうです。ご自分の食事量や運動量、歯の健康等と同様に、ペットの健康管理もしっかりケアをしてあげることが大切ですね。

人生100年時代と認知症

「青信号で渡り切れていますか?」「ペットボトルの蓋は開けられますか?」この辺りは、皆さん全く大丈夫かもしれませんね。では、「立ったまま靴下を履けますか?」はいかがでしょうか?これらはいずれも認知症やロコモのチェック項目の一つです。

今や人生100年時代、どのように生きていくか、健康寿命を伸ばしていくかは色々な所で耳にします。私事ですが、祖母は106歳で亡くなりましたが、孫の手が離れたからと、80歳から趣味や社会貢献を始めました。周りからは自分の世話をしてもらう年齢なのに…と言われてましたが。でも、祖母の前向きな生き方は、ちょっとカッコいいなと思ったりしました。

寿命が伸びると「認知症」も心配になります。65歳以上の認知症高齢者数と有病率の将来推計では、平成24(2012)年は認知症高齢者数が462万人と、65歳以上の高齢者の約7人に1人(有病率15.0%)でしたが、37(2025)年には約5人に1人になるとあります。約70%がアルツハイマー型認知症です。「アミロイド」という特殊なたんぱく質が脳に蓄積するのが原因で、20年~30年近くかけてゆっくり無症状のまま進行します。

ご存じの方もいるかもしれませんが、このアミロイドを血液検査で調べられる方法が開発されました。現在まだ治せる治療薬はありませんので、ゆっくり進行ということで、「逃げ切るのが勝ち!」と言っている先生もいます。

物理的に体をよく動かす、頭を使う、心理的な人との交流、生き甲斐を持つ等がよいと言われています。筋力低下や認知症等を予防するためにもコグニサイズ運動(歩きながらしりとりをする等)やロコモ体操(開眼片足立ちやかかとあげ、スクワット等)はおすすめです。心理的な面での人との交流、「つながり」を見直すというのも必要だなと感じました。家族や地域との接触が少なくなってきていますし、仕事場でもコミュニケーションは問題になっています。私も予防法を少しずつやってみようと思っています。

女性アスリートから学ぶ

女性アスリートの三主徴をご存知ですか?
「無月経」「骨粗鬆症」「利用可能エネルギー不足」だそうです。なんとなくそうだろうなとは思っていたのですが・・・(笑)。日本では最近着目され始めたようですが、米国では1990年代から知られていて、指針を作り早くから対応していたそうです。
私はアスリートとはとても言えませんが、従業員の中にはスポーツに熱心な女性や男性ランナーもいます。運動をされているのは素晴らしいことですが、お話を伺うと運動強度が極端だったり、食事が偏っていたりで「骨粗鬆症」や「利用可能エネルギー不足」が心配になることがあります。アスリートの場合、太らないために厳しい減量があるためでしょうが、一般の方も運動を始められるきっかけはダイエットの方も多いので、つい食事の制限をしてしまいがちです。反面一般の方に多いのが、仕事の後に運動をするケースです。この場合、どうしても自宅に帰ってからの遅い夕食となり、それでなくてもお腹がすいている中、運動もしていますのでドカ食いになる事も多いのです。せっかく運動されても体にとってはあまりよくない状況ですね。
運動するために夕食が遅くなるという場合は、運動前に軽く食べておくこともおすすめです。例えば、運動1~2時間前に食べれるようならば、おにぎりやサンドイッチ等、1時間位前ならば、バナナやゼリー、オレンジジュース等がいいようです。
帰宅後の食事は、運動前に主食を食べていれば肉・魚・大豆・卵・乳製品等のおかずだけにして、そうでなければおかずにごはんを少なめにしてみましょう。運動後30分以内は成長ホルモンが多く分泌して、筋肉の合成が促進され、最も効率よく栄養を取り込める時間なので大切です。もし、翌朝に食欲がなかったり疲労感が強いようであれば、前日の夕食の量が多すぎたり内容の見直しが必要です。疲労骨折や将来の「骨粗鬆症」予防、疲れや立ちくらみ等の症状にならないためにも、エネルギーバランスを整えて、上手に運動を取り入れてみてください。

夏の脳梗塞に注意!

今年の夏は「危険な暑さ」「命に関わる暑さ」と言われていますので、熱中症には気を付けていらっしゃると思います。でも夏は熱中症だけでなく、脳梗塞にも注意が必要です。

脳梗塞と言うと、冬に起こりやすいイメージがあります。国立循環器病研究センターによりますと、脳動脈の動脈硬化が原因となるタイプの脳梗塞は、脱水などを契機とするので、暑い季節にも注意が必要と言っています。汗をかいて十分な水分を取らなければ、体は脱水状態となり、血液はドロドロ、詰まりやすくなります。また、夏場は体の熱を外へ排出するために血管が拡張するため、血圧の薬を飲んでいる方等は血流が遅くなり、血栓もできやすくなると言われています。

予防には、こまめな水分補給が必要です。日中とともに、寝ている間も汗をかきますので、就寝前や起床後にもコップ1杯(200ml)の水は飲むようにしましょう。麦茶や番茶等がおすすめです。アルコールは発汗作用や利尿作用がありますので、飲酒後は必ず水分を取ることが大切です。勿論、それ以外の高血圧や喫煙、塩分や脂肪のとり過ぎ、アルコールの過剰摂取、運動不足、太り過ぎ等への調整も必要です。

万が一、脳梗塞を含む脳卒中を疑うような症状「FAST(ファスト)」があったらすぐに対処が必要です。Face・・・「顔の麻痺」顔の片側が下がる、ゆがみがある、「イー」と言えるかどうか、笑顔を作れるかどうか等でチェックしてみましょう。Arm・・・「腕の麻痺」片腕に力が入らない、両腕を上げたまま10秒程キープできるかチェックしてみましょう。Speech・・・「言葉の障害」短い文がしゃべれない、この3つの内、一つでも当てはまることがあれば、Time・・・発症時刻を確認して、すぐに119番をします。

介護が必要となる主な原因の第一位は、脳血管疾患と言われています。今年の暑い夏をしっかり予防して乗り切りましょう。

スマホ老眼!?

今は、いたる所でスマホをしている姿を見ます。そういう私も移動時間には、まずスマホをチェックしています。今や手放せないスマホですが、これによって「スマホ老眼」が増えているようです。
パソコンやスマートフォンなどの画面を長時間近距離で見続けることで、老眼と同様にピント調節が利かなくなり、最初は一時的ですが、繰り返していくと症状が重篤になってしまいます。
症状としては、画面から目を離すと、視界がぼやける、遠くは見えるが、近くが見えない(ピントが合わないと感じる)、薄暗いところで見えづらい、疲れ目や充血、夕方になると目がかすむ、目の充血や乾きや目の奥の痛み、頭痛や肩こり、首の痛み等を感じることがあります。眼の老化が進むことで、緑内障や加齢黄斑変性症などの高齢者に多い眼の疾病に若くして罹るリスクも高くなる可能性もあります。
予防としては、長時間使用を控える(スマホやパソコンを1時間使用した後は、10分ほど休憩をはさむか、難しい場合も長時間の使用をさけて定期的に目を休ませる)、ディスプレイと目の距離を離す(目にかかる負担を軽減できる)ディスプレイと目の距離は、最低でも40cm以上必要です。40cmというのは意外と遠く目安としては、個人差はありますが、だいたい両手を合わせると40cmくらいになります。スマホとの距離感、結構近いと思いますので、是非、画面からの距離を確認してみて下さい。
その他、目の周りを蒸しタオルなどで温めたり、意識的に瞬きをする等もよいです。
もう一つは、眼科医もおすすめのストレッチで、目で遠くと近くを見る方法です。詳しい方法は割愛しますが。複数回程度行うといいでしょう。目の疲れを感じる場合は無理をせず、少なめの回数で初めることで、日頃のちょっとした意識で、目の健康は保てます。できるところから、始めることが大事です。