産業保健師

産業保健師は企業に働いて、生活習慣病などの疾病予防や健康増進を中心に活動します。そういう意味では産業保健師は 、企業でヘルスプロモーション を担っています。保健師になるには看護師資格が必須です。保健師の70%以上はいわゆる「行政保健師」で、公務員として勤務していることがほとんどです。その他に前出の「産業保健師」と学校に勤務して生徒や教職員の健康をケアする「学校保健師」そのほかに、医療機関、地域包括支援センター、福祉施設、訪問看護ステーションで、障害のある人や介護が必要な人などの健康をケアする保健師もいます。 看護師が主に病気やケガなど、現在健康に問題を抱えている人をケアするのに対し、保健師は、現在健康である・ないにかかわらず、 男女問わずあらゆる年代の人々が健やかに生活するためのケアを行います。

法律では1000人以上の事業場で産業医が専任となっていますが実感で言いますと5000人以上の企業でないと保健師が常駐で働いていないかもしれません。株式会社アンサーでは中小企業向けに 常駐でない 保健師をと考えています。