なぜ創めたのか

どうして、この分野を行っているのか?

この分野、心の底から面白いと思っています。だって、整備されていませんし、ミスマッチが非常に多いけど、参入者は資格を持った人ばかり。企業にとって大事なことは何かって視点で考えると、既存のサービスでは法律ばかり見ていて不十分と思えます。企業にとっても従業員にとっても大事で求められること、そんなサービスを広げていきたいと株式会社アンサーでは考えています。病院では放射線技師や臨床心理士等多くの人が係わっているのように、企業向け産業保健もチームでサービス提供できれば良いなって 株式会社アンサーでは思っています。

私の場合

以前は大企業で常勤の保健師として働いていましたが、「従業員の話を聞いてやってほしい」と言われ、正直軽い気持ちから 株式会社アンサーでスタートしました。しかし、産業医とはほぼ会えない状況であること、人事担当者は保健師の活動を知らないこと等、時間が限定だからこそ、活動も凝縮せざるをえません。企業ごとに活動の優先順位を決め、産業医や会社側とも相談し、協会健保等とも連携して、従業員がより健康で仕事ができるため 株式会社アンサーでは支援をしています。健康診断の結果が改善あるいは、何とか横ばいになった時は嬉しいですし、「面談で話を聴いてもらえて整理できました」「また、ちょっと頑張ってみます」と言ってくださる言葉や従業員の方の笑顔が私の活動の源であり、成長させて頂いてます。

事業概要

株式会社アンサーでは産業保健活動を中心に、医療職ならではのノウハウを企業に提供しています。例えば、何かと健康面で問題がある人との面談を行ったり、企業の人事担当者との相談にタイムリーにのって、医療知識の少ない企業の人に 株式会社アンサーは頼りにされています。

他社と違うところ

株式会社アンサーでは保健師が中小企業の為の産業保健活動を行います。特に、時間もマンパワーも限られている中小企業では、一人で広い仕事をしなければならず個別の業務が個人に偏ってしまいがちです。その企業には稀なことでも、 専門分野をスピーディーかつ確実に 株式会社アンサーでは処理します。