通常ローンとリバースモーゲージ

若者と老人ではお金の所有の仕方が違います。一般的に若者は老人に比べ所有している金額が少なくが、なんて言ってもその分時間があります。つまり、ファイナンスにおいてお金と時間の交換は成り立つのであるといえます。その意味では ”Time is money!” とは、よく言ったものだと思います。ところで、巷で高齢者には特に人気があると言われているリバースモーゲージ。この制度、平たく言えば、評価額の半分を融資し、その分担保に取った不動産の土地と建物を、ゆくゆくは土地を更地にして、売却するという考えの制度みたいです。最後は不動産を売却して借入金を返却するのです。したがってマンションの評価は「土地神話の関係で」リバースモーゲージに於いては低いのです。つまり、マンションは(土地を自由に処理できないので)リバースモーゲージには向いていないともいえます。それでも強引にマンションにリバースモゲージを付けるとすると100歳のとき築45年、つまり55歳の時新築マンションを買っていないと制度上価値がないと言われています。
逆に、若者は75歳の時でローンが払い終わっているつまり、40歳以下の時に最長35年ローンが借りれます。40歳の時新築マンションを買うとすると、そのマンション100歳で築60年と言うことになります。
その差、55歳―40歳=15年。この差をどう見るかは考え方次第ですが、制度上の欠陥か、はたまた個人の資産不足があると僕には思われます。まあ、仕方ないんですかね。

マンションは、70歳位でいったん売却するのがいいのですかね…。(独り言です)

リフォームとリノベーション

リーフォームとリノベーションについて初歩的なことを書くと
リフォームは「老朽化した建物を建築当初の性能に戻すこと」を指し、元に戻すための修復の意味合いが強い。古くなったキッチンを新しいものに変えることや、汚れた壁紙を張り替えるなどの小規模な工事は「リフォーム」に分類される。
一方リノベーションは、簡単なリフォームと違い「用途や機能を変更して性能を向上させたり価値を高めたりする」行為も含むため、より良く作り替えるという目的が含まれている。工事の規模も、間取りの変更を伴うような大規模なものを指すことが多い。
恥ずかしいのだが、歳をとっている人間(少なくとも私)の感覚では、リフォームとリノベーションは大差ないが、若い人には大違いらしい…。知らなくてごめんなさい…。

トイレリフォーム

我が家のトイレのウォシュレットの調子が悪いので、取り換えることを前提でネットで調べた。最初、ウォシュレットだけで検索。しかしこの10年便器が節水タイプ、かつ洗いやすく進化していて、家内にこの際便器も変えてと言われている。我が家はマンションで1999年に新築で入居なので、大規模修繕の一度済んでいるので、築年数から言ってリフォームのころだと思うんだが・・・。家のリフォームとなると、トイレは引き戸にって思うんだけど…。まあ、そう計画するとなると全体に影響するのですぐってわけではないし、どうしようって迷ってしまう。そんなこんなで、とりあえず便器一体型にしようかなって思っているんだけど…。 便器っていうとローテクなイメージなのでそんなに進化しないと思っていたが、節水タイプ、洗いやすいだけでなく、音消しって機能までついて進化しているのが驚きだ。ウォシュレットだけが調子悪かったはずが、事が大げさになって家全体のリフォームにまで考えるように少々戸惑っている。

断捨離

リ―フォムに関する65歳アンケートを見たが、その内容に驚いたところは、さらに家を広くしようと考えているという結果だ。子供も独立していて、今後、広い面積が必要となる場面は日常ではないのにって思いである。きっと、大企業で重役でもやった人が誰にも邪魔されずのんびりしたい、アンケ―トも男性にとったのに違いないと思った。これが70歳なら回答も変わるのではないかって思いました。70歳になったら、家はかたずけを考えて小さく、コンパクトそして手間がかからないようにって思うと考えるんですよね。 65歳までに、身綺麗にしようと考えるので、客の分の食器はいらないし、写真、美術品、本の自分にとっては大事かもしれないけど流動性がない物は極力処理しようと考えよう。だって、それを残された、後の人が困るからね・・・。 いや~、本当に、自分の思いや義理で集めたモノは、結局、後の人も処分するんだよなって、自分の親で感じました。 だんだん年取ってくると、決断力も鈍るし、処理もスピィディに出来ないで、ごみ屋敷になるから、心してやらないとね。

育児者の為だけではない家で働くこと

当初、育児者のためにと言うことで、オフィスにはいかず、いわば家で働けるリモート・アクセス制度。進化していて育児者だけではなく、一般社員にも適用と言うのが大企業の政策みたいだ。自宅だと労働者が働かないのではという予想とは逆に、PCで作業をしているから見られているという意識が働きその懸念も縮小、事前に申請なので、何の作業をするかを把握するから効率的で正確、管理職も自ら体験してその良さを率先垂範している。 これは、効率的で、良いのでは。