コンビニで健康食事!

今年のゴールデンウィークは、9連休の企業も多かったと聞きました。1年で体重が増えやすいタイミングとして、年末年始と連休だそうですが、皆さんのお腹周りや体重は大丈夫でしょうか。

薄着の季節になってきますし、春の健康診断や交代勤務、残業等で忙しい方も、手軽にできる方法で食生活を見直す機会にしてみましょう。

コンビニは、今やどこにでもあり、便利で心強い味方ですが、使い方次第で健康な食事につなげることができます。

「平成28年国民健康・栄養調査」の朝食欠食率では、男性15.4%、女性10.7%で、10年前と比べると少し増えています。特に、20代は10年前の30.5%から37.4%と増えていて、保健指導でも必要な方が多いと思っています。

朝の目覚めが悪かったり、食欲がない等の方は、つい朝食を食べなかったりコーヒーくらいで済ませてしまいがちです。まずは、前の日の夕食の時間や補食等の工夫も必要です。

コンビニでは、色々な食品を組み合わせ、単品でもできるだけ赤白黄緑黒等のカラフルな色が入った食品を選んでみましょう。朝は体を温めて仕事モードにするためにも、牛乳や豆乳、バナナやヨーグルト等の簡単な物だけでも食べるようにしましょう。

菓子パンや丼もの等は選びやすいですが、野菜サンドやツナや卵サンド、色々な具が入った中華丼やおかずの種類が多い幕の内弁当等はバランスがよいです。また、野菜が少ないと感じたら、サラダや野菜スープ、豚汁、野菜100%のジュース等をプラスします。

時間がなくしっかり食事が取れなかったり、残業で小腹がすいた時等、集中力を切らさないためにも、コンビニを使ったおやつを取り入れてみてもいいです。甘い飲み物やお菓子は、急激な血糖値の上下により眠気やだるさを感じやすくなり、脂肪蓄積にもなります。食物繊維の多い、ゴマや海苔等のおせんべいや甘栗、豆系のお菓子、食事の不足も補えるビタミンやミネラル豊富なナッツ類(できれば無塩のもの)、ドライフルーツ等は体調も整えてくれます。体を疲れにくくするには、たんぱく質が取れるヨーグルトや豆乳、ゆで卵、煎り大豆、プリン等のおやつはおすすめです。

コンビニを上手に活用して、日々の体調を整え、元気にお過ごし下さい。