姿勢

寒い間は、体も縮こまり気味になりますし、仕事ではパソコン作業が多いし、隙間時間ではスマホやゲームに夢中になり、ついつい姿勢が前かがみになっている方は多いのではないでしょうか。
みなさんの姿勢はいかがでしょうか。姿勢と一言でいっても、横からみて背中が丸く猫背になっている人、腰が反っている人、前かがみになっている人、お腹が前に突き出ている人、一見姿勢がよさそうに見える軍隊姿勢等色々あります。また、後ろから見て、肩やお尻のどちらがか下がっていたり、頭が傾いている等もあります。
姿勢により若く見えるか老けて見えるか等の見た目も気になりますが、肩こり、頭痛、腰痛、むくみや冷え、消化器や呼吸器系の働きの低下、なんとなく体調が悪い等さまざまなものが姿勢に関連していると言われています。特にメンタル不調を抱える人は、姿勢が悪いため十分な酸素を体に入れられず、呼吸が浅くなり脳内神経伝達物質の活動を抑制し、精神的な不安につながっているとも言われています。実際の従業員の面談でも感じます。アドバイスとして姿勢をよくして上を向くように意識して過ごすようにしたら気持ちが楽になったという話はよく耳にします。
一般的に、壁を背にして立っていただき、踵、お尻、肩甲骨、後頭部が壁についていればよい姿勢の目安といわれています。もう一つの目安は、座って横から見て耳の穴から線をおろしてみて、肩の中央あたりにくるとよい姿勢です。是非職場の方やご家族や友人とお互いに姿勢のチェックをしてみてください。
ちなみにタニタの実験によりますと、よい姿勢(背筋伸ばしを30分キープ)を10日続けたら、コーヒーゼリー1個分(43kcal)に相当するとありました。
なかなか効果は少ないように感じるかもしれませんが、カロリー消費だけでなく、心身の健康維持のためにもよい姿勢を意識しては継続して行ってみてください。コツは、思い出したら10秒、また思い出したら10秒、これの繰り返しです。

UA-690940-15