朝食は大事

新年度がスタートました。新入社員で朝食を抜いている方は多いです。
でも最近40代以降の働き盛りの従業員の朝食抜きの人も増えてきてい
るのではと感じます。そういう人は朝抜いて昼ガッツリ、夜は21時以降に
食べるパターンが散見されます。夜遅くなるのは仕事上やむをえないの
ですが、でもそうなると朝お腹もすかずそのまま仕事場へってことに。
これでは生活習慣病へもまっしぐらですね。

よく「最近運動不足で、もっと運動を入れようと思っているのですが・・・」
との声も聞かれます。勿論運動は良いですが、はたしてそのお時間を
取れますか?運動は成果を出すのに時間もかかるし、続けにくい方も
多いです。その点食事は比較的効果が出やすいと思っています。
まずは、3食食べるように心掛けることです。朝食を全く取っていない人には、
牛乳や野菜ジュース等手軽にとれるものや、バナナとか卵かけごはんとか、
簡単なものからお勧めしています。夜食はどうしても21時以降にとる際は
全体に軽めにして残りは翌朝に回すとか、夕食が遅くなりそうだなと思ったら
補食という形でおにぎりやサンドイッチなどを軽くとって、帰ってからは主食
以外のもにするなどの工夫もいいと思います。
朝食は脳や体をしっかり起こし、きちんと栄養補充ができると心も元気にもなります!
是非ご自分の食習慣を振り返ってみてください。