“治す” VS “納得”

私達は、病気のことを医師に言われてしまうと、従わないといけないと思ってしまいます。
確かに、“治す”支援は医師の仕事です。
ですが、問題はあくまで自分の体のことです。要は、どう“納得”して対処するかです。
難しい問題であればあるほど、その要素が高くなります。

そんな中、ある方が、自身の“納得”が得られるよう医療のアドバイスを求め専門家に助言をお願いしたという話を聞きました。

医師の専門性、方針、見立てを 含め、自身の住まい、事情等を一緒に検討したり、必要なとき同行受診してもらったようです。
その結果、とても自信を持って決断したようです。

今、この方のように自分が決めるれるように情報提供やサポートをしてくれる専門家を患者自身で雇うケースが増えてきています。
“治す”VS“納得”という価値観の中で医療の世界も変わってきています。
やっぱり客観性とともに納得性ですよね。

従業員の主治医からの診断書だけで判断するだけでなく、企業でも、似たようなことが求められているのではと私は感じます。